消防設備施工・保守、防災設備全般|東京都町田市|株式会社レイズネット

qrcode.png
http://www.raise-net.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社レイズネット
〒194-0022
東京都町田市森野6-358-3
原銘ビル3-A
TEL.042-710-2655
FAX.042-710-2656

──────────────────
1.防災設備全般の設計・施工・
  保守管理業務
2.消火器・住宅用火災警報器等の販売
──────────────────

002587
 

ガス系消火設備

 

容器弁に関する法改正

容器弁に関する法改正
 
平成21 年3 月31 日付で
消防予第132 号「消防用設備等の試験基準及び点検要領の一部改正について」に
おいてガス系消火設備等の点検要領が改正され、
従来は総合点検の項目とされていた「容器弁の再検査」が、
6か月ごとに実施する機器点検における「容器弁の安全性」の点検に移行され、
各種容器弁の中で、
「容器の封板等に損傷、腐食又は漏れのあるもの並びに設置後15 年を経過したもの
及び当該点検を実施後15 年を経過したものについては、20 年までに行うこと。」
と規定されました。
また、その点検方法を規定した「不活性ガス消火設備等の容器弁の点検要領」
が示され、平成21 年3 月31 日から施行されました。
 

点検対象

点検対象
 

・不活性ガス消火設備
・ハロゲン化物消火設備
・粉末消火設備
・パッケージ型消火設備
・パッケージ型自動消火設備の貯蔵容器
・加圧用ガス容器及び起動用ガス容器の容器弁
上記の内、容器弁の封板等に損傷、腐食又は漏れのあるもの
並びに設置後15年を経過したもの及び当該点検を実施後15年を経過したもの。

 

点検内容

点検内容
 

メーカーが貯蔵容器を工場に持ち帰り、ガスを抜き取った後に
容器弁を取り外して点検を行います。
(この間、同仕様の代替容器を設置して当該設備を正常に継続・維持する)

・代替容器
容器弁の安全性に関する機器点検は、設置されている容器を全数、
あるいは分割した本数を工場に持ち帰り点検する。
点検には、4週間程度かかりますが、その間は同一仕様の仮置容器を設置する。

・高圧ガス保安法
高圧ガス保安法の規定により、容器弁は消防法に基づく認定品の使用が認められ、
再検査も消防法により実施されます。
容器本体は、高圧ガス保安法に基づき、ガスの再充てんを行う際に
前回の容器検査を受けてから5年以上が経過しているときは、
「耐圧試験」等の再検査を実施することとされています。

・メーカー点検
容器弁の構造や形状は、メーカーごとに異る為、消火設備の品質を維持する
必要性から各メーカーの点検となります。
 

<<株式会社レイズネット>> 〒194-0022 東京都町田市森野6-358-3 原銘ビル3-A TEL:042-710-2655 FAX:042-710-2656